合成ダイヤモンドナイフ シムナイフ<SYM Knife>

スミナイフ

☆ 100%日本製のウルトラミクロトーム用ダイヤモンドナイフ
☆ 他メーカーにはない独自の製品で、切削性が向上
☆ お客様の声に沿った理想のダイヤモンドナイフをカスタマイズ
☆ 種類別でナイフボディの色を判別できるよう、異なる色をご用意
☆ 高品質と安定性を兼ね備えた切片作製に理想的で環境にやさしい人工ダイヤモンドを採用
☆ 耐溶剤のエポキシシール材を使用(リユース対象製品を除く)
☆ 出荷時に親水処理済み(ドライタイプ、トリミングナイフを除く

ウルトラ
(超薄試料作製用ナイフ)

 透過型電子顕微鏡(TEM)の観察に必要な30nm-200nm厚(推奨)の超薄試料作製用ダイヤモンドナイフです。有機系(細胞、組織など)を膜厚が変わることなく、大量に切片作製することが可能です。エポキシ樹脂のシール材を使用し有機溶剤に対する耐溶剤性も備えているため、刃先の洗浄にアルコールやアセトンを使用できます。

[ウルトラ ウェット(群青色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°SYM2035
45°SYM2045
3.035°SYM3035
45°SYM3045
4.035°SYM4035
45°SYM4045

クライオ
(凍結環境下用ダイヤモンドナイフ)

 凍結環境下で使用する凍結切片作製用ダイヤモンドナイフです。髪の毛やファイバーなど常温で切りづらいとされる試料を切ることができます。温度変化による熱変形に対応した素材をボディに選定したため、急激なTg(ガラス転移温度)に耐えることができる仕様になっています。
 ドライタイプをお使いの方は、試料によっては切片回収にお悩みだとお察しします。現在、試料をグリッドにうまく載せるためのホルダーを開発中です。こちらを使えば、回収時のストレスが大幅に軽減されることが見込まれます。

[クライオ ウェット(銀鼠色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°SYM2035W
45°SYM2045W
3.035°SYM3035W
45°SYM3045W
4.035°SYM4035W
45°SYM4045W

[クライオ ドライ(銀鼠色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°SYM2035D
45°SYM2045D
3.035°SYM3035D
45°SYM3045D
4.035°SYM4035D
45°SYM4045D

ヒスト
(準超薄切片・断面観察作製用ナイフ)

 走査型電子顕微鏡(SEM)や光学顕微鏡(LM)で観察するための準超薄切片(推奨値:200nm~2μm)作成に適したナイフです。用途はそれだけに留まりません。敢えて刃先を10°鈍角(55°) にしてさらに仕上げ方法を工夫した結果、刃の耐久性が増し、無機系の試料、樹脂の混合材や金属など、硬さの異なる複合材や金属もしっかり切れます。
 薄切りだけでなく、硬い素材の断面観察にも向いています。有機系では2μmより厚い試料も(例えば~5μm程度まで)切削可能です。

[ヒスト ウェット(黒檀色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
3.045°SYM3045H
55°SYM3055H
45°SYM3045HS(旧スリムタイプ)
55°SYM3055HS(旧スリムタイプ)
6.045°SYM6045H
55°SYM6055H

[ヒスト ドライ(銀鼠色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
3.045°SYM3045HD
55°SYM3055HD
6.045°SYM6045HD
55°SYM6055HD

クロストリム
(硬い試料の断面観察にも適しています)

 ブロックの仕上げトリミング用ダイヤモンドナイフです。より良い切片(特にリボン)を作成するためには、ブロックを綺麗に仕上げる必要があります。ガラスや剃万でもトリミングは行えますが作業する人によって、仕上がりに差が出るのが実情です。このトリムを使えば不慣れな方でも見目震しいブロック形成が可能です。
 刃先に独自の特殊加工を施した結果、刃自体が丈夫になり、トリミングだけでなく、硬い試料の断面も綺麗に出すことができます。90°は直角を用いて、試料を深くまで追い込める他社にはない仕様です。

[常温タイプ(真紅色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.545°SYM2545TM
90°SYM2590TM

[クライオタイプ(銀鼠色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.545°SYM2545TMC
90°SYM2590TMC

シムジャンボ
(他社にはない機構を備えた大きいボート)

 使いやすいジャンボタイプのダイヤモンドナイフです。ウエハーを使用しても、多くの切片を安定性を持って一度に回収することが出来ます。
 ●他社にはない階段機構付き
 ●水面が揺れづらく安定性が向上
 ●スライドガラス等を好みの角度で保持することが可能
※角度調整ネジ付きJSタイプ(写真左)とネジ無しJタイプ(写真中央)があります。
 (JタイプはJSタイプの定価から2万円引きとなります。)

[シムジャンボ/ウルトラ ウェット(瑠璃色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°SYM2035JS
45°SYM2045JS
3.035°SYM3035JS
45°SYM3045JS
4.035°SYM4035JS
45°SYM4045JS

[ヒスト ウェット(黒檀色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
3.045°SYM3045HJ
55°SYM3055HJ
6.045°SYM6045HJ
55°SYM6055HJ

シムジャンボWT
(連続切片の回収に最適)

 こちらの製品はシムジャンボの特徴に加え、連続切片の回収やアレイトモグラフィー用(3次元構築)の機能が強化されています。
 ●排水機能付きで全てのウルトラミクロトームに搭載可能
 ●お好きなスピードの排水が実現
 ●シリンジ(注射器)での水引が不要
付属品:排水速度の調整用クランプ付チューブ、回収基板の角度調整治具が付属します。

[シムジャンボWT/ウルトラ(瑠璃色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°SYM2035WT
45°SYM2045WT
3.035°SYM3035WT
45°SYM3045WT
4.035°SYM4035WT
45°SYM4045WT

[ヒスト ウェット(黒檀色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
3.045°SYM3045HWT
55°SYM3055HWT
6.045°SYM6045HWT
55°SYM6055HWT

マルチグリッドホルダー(MGH)
(グリッドを置いてラクラク操作)

 こちらは、刃先の左右に超薄切片を拾うグリッドを設置できるホルダー(溝)を4か所装備しています。メッシュタイプの網目と切片の向きも簡単に合わせることが出来、切片回収の再現性に優れています。また、回収技術の習熟時間を大幅に削減できます。
 ●片手のみでの操作が可能
 ●シワがなく破れない回収作業の実現
 ●すくい上げでの回収容易性が向上

[MGH/ウルトラ ウェット(海碧色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°MGH2035
45°MGH2045
3.035°MGH3035
45°MGH3045
4.035°MGH4035
45°MGH4045

シムノベンタ(90)
(直角を有するボート)

 ボート内に直角が設けられているナイフです。ボート内の曲面を排し、これまでとは異なる切片の回収方法を実現しました。
 ●スライドガラスを限りなくは先に近づけることができる
 ●スライドガラスを左右の側面からボート深部まで挿入できる
 ●ジャンボより広い範囲で切片回収が可能
 ●シムクエスタと組み合わせることで、さらなる相乗効果が見込めます

[シムノベンタ(瑠璃色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
2.035°NV2035
45°NV2045
3.035°NV3035
45°NV3045
4.035°NV4035
45°NV4045

シムクエスタ
(連続切片回収を、水を抜くことなく容易に)

 Cuestaは「坂」を表します。その坂道は3次元構築に繋がっているかもしれません。シムノベンタとの相性が抜群です。是非セットでご利用ください。
 ●スライドガラスの挿入角度は任意で変えることができます
 ●「斜め」と「上下」、任意の方向から回収できます。
 ●再現性のある連続切片回収ができます。
※水抜き機構を試して上手く行かなかった方や、敢えて水を抜きたくない方に理想的なモデルです。シムノベンタの他、シムジャンボやシムジャンボWTも搭載できます。
(他社製品は搭載できません。)

[シムクエスタ(黒檀色)]

Cat No.
CST710

シムメタリカ
(ダイヤモンドナイフを補完します)

 このナイフの素材は超硬合金(WC)で、仕上げに工夫がされています。クライオ用としても使うことができ、幅広い試料にお試しいただけます。
 ●ダイヤモンドナイフを試すのに躊躇するサンプルに。
 ●単一金属の断面観察、20μm厚の切削にも対応しています。
 ●他社製品とは比較にならない切れ味と耐久性を持ちます。
 ●トリミングは、ガラスナイフよりも鋭利に安定して長く使用できます。

[シムメタリカ(銀鼠色)]

刃幅(mm)刃角Cat No.
5.045°WC50
10.0WC100
20.0WC200
30.0WC300

グリッドホールディングプレート(GHP)
(切片回収が不慣れな人にも適しています)

 ジャンボナイフ(またはWT)のボート内に設置するだけで、置き場となる補助器具です。TEM観察用の超薄切片の回収をより簡単にすることができます。プローブ操作に自信のない方や押し付け法で困っている方でも、皴や破れがない切片をグリッドの中央に載せることができます。特に連続切片の採集時に威力を発揮します。連続切片の回収(単孔タイプのグリッド)だけでなく、数枚の切片の回収(メッシュタイプのグリッド)でも綺麗に載せることができます。
 ●グリッドが置けて片手が自由
 ●水面に対してお好みの高さに調節して使用可能
 ●人間工学に基づいて設計した保持溝の角度
※シムジャンボ、シムジャンボWT専用の補助器具です。上記ナイフとセット購入の場合、記載価格よりお値引きした価格になります。

[GHP/グリッドホールディングプレート]

Cat No.
GHP01A

ノッチナイフ
(切片の場所や順番を正確に判断)

 鋭利なダイヤモンドの刃先を試料に通すことにより、ブロックの好きな箇所に作業の目安となるノッチ(V字型の切込み)を深く付けることができます。
 ●傷の位置:各切片の重ね合わせが可能
 ●傷の大きさ:切片の順番の判別が可能
 特に、順番や方向を見失いやすい連続切片作製時や、光-電子相関顕微鏡法(CLEM)用システムにおいて有効に利用できます。

[ノッチナイフ]

刃角Cat No.
30°SYMNT1

SITE MENU

Copyright 2009 EM Japan Co.,LTD.